学習記録(10/4-8)Tradosに惑わされた件

1本目の対訳学習がようやく終わりました。

 

平日5日で終了する予定でしたが、+3日かかってしまいました。

思ったよりも時間がかかった要因、初めての対訳学習で気付いた点、改善したい点などを分析したいと思います。詳細は次回。

 

ところで、今回の対訳学習はTradosに惑わされてしまいました(笑)

Tradosは文書全体の単語数や文字数のうち、どれだけ翻訳が確定されているかカウントし、パーセントで表示してくれます。インターフェースの右下にこんな表示ありますよね。緑のチェックがついている数字が、翻訳が終了している「確定」の割合です。

でもこれ、正しくないことがあるんですよ。

今回の対訳学習中、自分の感覚では少し進んだだけなのに、「確定」のパーセンテージがどんどん上がっていきました。最初のころは、「おお!すごい順調に進んでいる!」と喜んだのですが、途中でさすがにおかしいと気付きました。

修正する方法はコレ。

「一括タスク」の「翻訳カウント」をすると、正しいパーセンテージになります。私は75%と表示されていたのが33%になりました。ぬか喜びさせないでほしい…。

「確定」がなぜか100%を超えることもありました(笑)

◆10/4

講座学習:7.25時間

・橋元・物理基礎(18)

・対訳①(33%終了)

◆10/5

講座学習:5.5時間

・橋元・物理基礎_物理の学び方・物理を学ぶ意味

・動画セミナー0020_学習曲線、0029_ジグソーパズルのお話

・対訳①(50%終了)

◆10/6

講座学習:2.5時間

・橋元・物理基礎(19)

・動画セミナー0027_翻訳者のための文書型データベース活用

・対訳①(55%終了)

◆10/7

講座学習:2.25時間

・対訳①(60%終了)

◆10/8

講座学習:5.75時間

・橋元・物理基礎(20)【第3講・最終回】

・対訳(75%終了)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です