Posted in 翻訳ツール

学習記録(11/16-18)馴染んできたTrados

Trados2017のフリーランスプラスを使っています。

けっこう苦労したんですが、やっと一通り対訳とってメモリ、用語集を作る作業が満足にできるようになってきました。

私は取引先の関係で、MemsourceというCATも使っているのですが、個人的にはTradosのほうが好きです。

 

Tradosをいじくりまわしている過程で、たくさんのTMや用語集ができてしまいました。

今回は覚書を兼ねて、TMと用語集の統合についてまとめてみました。

 

翻訳メモリ(TM)の統合

目的:複数の翻訳メモリを統合する(A+B=A’)
注意:英→日と日→英の翻訳メモリが混合しないように注意する。混合してTMを作ろうとしたらうまくいかなかったのでとりあえず分けておく anyTMreverseもありますが、ここでは割愛します。

方法1
①Trados Studioを開き、翻訳メモリタブでAを開く

 

②翻訳メモリのアップグレードを選択する

③ファイル共有タイプのTMの追加で、Bを選択する

④手順に従って統合する

⑤完成!

方法2
①Trados Studioを開き、翻訳メモリタブでAを開く

②ホームタブのインポートでファイルの追加でBを選択。
※インポートしたいファイルがサポートされている形式でない場合は、先にエクスポートする

③手順に従って統合する

 

用語集の統合

目的:複数の用語集を統合する
A + B =A’

方法1
①Multiterm上でBを開く

②Bをエクスポートして、XMLドキュメント形式にする

ファイル→エクスポートでファイルを選択

③Aを開き、Bをインポートする
A>Bのほうが時間がかからない

用語集もTMもいろいろ手を加えていたので、一つの用語集に同じ語が重複してしまうという失敗を犯しました。とても手動で削除できる数ではありません。一気に削除できる方法を探します…

◆11/16

講座学習:7.25時間

・TP0041_橋元・物理基礎(40)

・化粧品特許対訳(19%)

・資料読みなど

◆11/17

残念ながら0時間

◆11/18

講座学習:6時間

・TP0042_橋元・物理基礎(41)

・化粧品特許対訳(27%)

・知子整備

・対訳セミナーノート整理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です