ブレイクダウン

「動画2705_ミスをなかったことにするな」を視聴しました。当ブログの先日の記事を取り上げて頂きました。

アドバイス頂き、ありがとうございます。

管理人様からのアドバイスを受け、先日のブログやP&G特許について自分なりに考え、分析し、ブレイクダウンした結果を恥を忍んで書かせて頂きます。

◆「スピードがでない」

→何のスピード?

講座学習のスピードです。P&Gの特許を読んで理解し、動画を視聴し、ノートを作成し、必要な知識・考え方を獲得していく一連のプロセスを行うスピードです。

ただ動画を見て満足するだけではなく、理解・納得ししなければ意味がありません。かといって一つの化合物に拘って時間をかけすぎることもできません。

◆「あんまりスピードがあがっていない」について

「岡野の化学」視聴前のP&G対訳学習:

・P&G対訳動画を2~3本/1日、1.5~2h/1本のペースで学習

・日本語・英語共に分からない、知らない単語が多く何でも調べていた

・どこを重点的に調べるべきか分からない

・予習、動画視聴、ノート作成のみ行う

 

「岡野の化学」視聴後のP&G対訳学習:

・P&G対訳動画を3~4本/1日、1.5~2h/1本のペースで学習

・化合物の命名法、分散、高分子など、「岡野の化学」で学習した内容が度々登場し、理解のスピードが速くなった

・分からないことを何でも調べるのではなく、重要だと思われる点に重点を置くことができるようになった

・予習、動画視聴、ノート作成、知子の情報への蓄積、Tradosのメモリ入力、Tradosの用語登録を行う

 

「岡野の化学」学習中に知子やTradosを購入し、環境の整備を進めました。「岡野の化学」視聴前・後で作業量が変化しているのに、安易な気持ちで学習スピードを比較してしまいました。

「岡野の化学」視聴前は予習、動画視聴、ノート作成だけで1.5~2h/1本かかっていたのに、視聴後は同じ作業に加えて知子やTrados関連の作業をしても同じ時間で終わらせることができているので、確実にスピードは上がっています。

 

◆なぜ「あんまりスピードがあがっていない」と感じたか

P&G対訳動画を再開する際、5本/1日進めたいと感じていました。しかし実績は3~4本/1日に留まっています。このギャップが「思ったより早く進んでいない」と感じた原因だと思います。

 

◆目標の期日(8/15)までに終わらせるためにすること

・動画視聴のスピードを1.2倍速→1.5倍速へ

・勉強時間拡大:平日の平均勉強時間7時間→8時間へ

方法:スキマ時間活用、仕事の調整、家事の簡略化など

8/15終了は死守します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です