モバイルPCの必要性を強く実感

かなり久しぶりの更新になってしまいました。

実は11月はジョブが通常より忙しいのに加え、プライベートで事件が発生しまして、モバイルPCの必要性を強く実感したワケです。

PC戦略について

現在のPCの状況は、

  • メインのデスクトップPC
  • サブのノートPC(家族共用)

で、メインに何かあったとき、サブで作業できるようにしているわけです。(実際数か月前にメインのマザーボードが故障し、修理に出したときにはサブPCに救われました)

今後は、

  • メインのデスクトップPC →引き続きメインとして使う
  • サブのノートPC(家族共用) →夫専用とする
  • 3台目モバイルノートPCを購入し、サブとする

とするつもりです。可能性は低いでしょうが、現在サブとして使っているノートPCはサブのサブにして、3重バックアップとします。

なぜモバイルPCが必要になったのか?

先日、離れて暮らす実家の祖父が亡くなり、急な帰省を余儀なくされました。

正直焦りました。1万ワード強の特許翻訳と、毎週〆切がやってくるプロジェクトのwebサイト翻訳をダブルで作業してまして、前者の〆切数日前でしたから。

結局、後者の納期を2日融通してもらって、前者は帰省から帰宅後、ほぼ徹夜作業で完成させました。

余談ですが、以前「翻訳者が納期延期してもらうのに使う理由トップ3」みたいなのの1つに「身内の葬儀」が入っていて、私も「納期間に合わない言い訳」として受け止められてるのかな…と思ってちょっと悲しかったです。(ほかの理由はPC故障、家族が入院とか)

 今回は何とか事なきを得ましたが、次回、数日間の外出を余儀なくされたら…

そのときはどうなるか分からない。

だからやはり、備える意味も含めてモバイルPCを購入します。

モバイルPCを購入する目的

モバイルPC
でもさ、モバイルPCがあっても移動中や帰省中に作業できるの?
夏みかん
それな。やってみないと分からない部分はあるけど、家で作業するよりも格段に効率が落ちそう。
モバイルPC
じゃあもう、帰省中や旅行中やあきらめて、仕事はしなことにしたら?
夏みかん
甘い!モバイルPCを買う理由は、モバイルPCでバリバリ作業するためじゃないんだよ!
モバイルPC
え?どういうこと??

モバイルPCを用意する目的は、帰省中や旅行中に作業することが主な目的ではありません。

なんせ外出中は、プリンタ、資料、ノート、大きな画面がない中での作業になるので、あまりはかどるとは思えません。

モバイルPCを用意する目的は主に2つ。

目的1:メインの故障時にサブとして使う

これは、説明する必要もあまりないか、と。

自宅に居ながらにして使うパターン。

目的2: 納品後に納品物に不具合があった場合に備える

これは、講座ビデオでもお話があった内容です。

「仕事を納品して家族で箱根に行ったら、翻訳会社から納品物の不備を指摘された。急いで再作業が必要なため、お母さんだけ自宅に戻るって作業。急いで箱根に戻ったけど、旅行はほぼ終了、家族は不満爆発。」

私も一度だけ図表訳を納品し忘れてしまい、翻訳会社に迷惑をかけたことがありました。そのときはすぐに再納品をできましたが、それ以来翻訳会社から、「納品物OK、納品ありがとう(実際はビジネス調の文言)」のメッセージをもらうまで、けっこうドキドキしています。

あ、でも納品後に数日間の外出や帰省が予定されている場合、翻訳会社に事情を話して、先に納品物をチェックしてもらうっていうのはありかもしれない。

正直、「帰省中にジョブの依頼を受けて、帰省中に作業して、帰省中にそれを納品する」というのは、特許翻訳の場合はあまり現実的ではないかと思います。(分量とかにもよるけど)

私だったらその場合は断るかなぁ。

まとめ

以上、モバイルPCについて書きましたが、結局のところ急な帰省やトラブル(家族の病気など)に備えるには、「前倒しの作業」が一番です。

その上で、どうしても外出中に作業しなくてはならない場合や、納品後に備えるという意味でモバイルPCを買おうと思っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク