学習記録(8/3~8/5)

PE(ポストエディット)に関する動画を少しだけ見ました。

確かに、Google翻訳なども以前と比べると、各段に訳質が良くなったよな~と感じます。でも私、機械翻訳に関する苦い経験がありまして、今日はそれに関して少し書きます。

以前、社内翻訳者として勤務していたときの話です。1万ワードほどの文書を和訳するよう指示されたのですが、あいにく他に優先してするべき翻訳があり、上司や同僚と相談した結果、翻訳会社に外注しようという話になりました。そして出来上がった訳文を私がチェックすることとなりました。

翻訳会社を選定したのは、同僚のコーディネータでした。やり取りを静観していると、料金的・時間的にけっこう無理を言ったみたいです。一度は断られつつも、交渉して「チェッカーによるチェックはなし」という条件で引き受けてもらえることになりました。

翻訳は納期内に納品されました。

しかし、でき上った和訳をチェックすると違和感を感じました。それほど難しくも複雑でもない英文を、すごく回りくどい日本語に訳しています。とにかく読みにくい。「なんかこれ、機械翻訳みたいだな…」と感じ、軽い気持ちでGoogle翻訳で訳してみてビックリ!翻訳会社から戻ってきた訳文とGoogle翻訳の結果は、ほぼ同じ文章でした。

極めつけは、twitterを「小鳥のさえずり」みたいに訳していて、さすがに「それはないでしょ」と思いました。翻訳の一工程として機械翻訳を使用することは否定しませんが、今回のケースは明らかに原文を読んでいないと確信しました。

私たちはその翻訳会社に、機械翻訳を頼んだわけでも、PEを頼んだわけでもありません。翻訳会社に説明を求めると、「翻訳者が独断で(機械翻訳)を行った」と主張していましたが、真相はどうなんでしょう…。

チェックややり直しの翻訳に余計に時間がかかってしまい、こんなことになるなら、最初から常識的な料金と常識的な納期で、一定以上の品質を確保してくれる翻訳会社に頼んでほしかった。

言うまでもなく、こんなことをする翻訳会社に二度と仕事を頼みたくないし、自分もその会社で翻訳者として働きたくはないと強く思いました。

◆8/3
講座学習:5.75時間

・P&G特許を読む(54)(55)(56)途中

和訳の仕事:1.25時間

◆8/4
講座学習:2.25時間

・P&G特許を読む(56)つづき(57)

・2705ミスをなかったことにするな

◆8/5
講座学習:4時間

・P&G特許を読む(58)つづき(59)

・2708_若くて美しい英語女子にPEは似合わない.mp4途中まで

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク