近況報告などいろいろ

レバレッジ翻訳講座をついに卒業

先日も受講感想を掲載させていただいたりしたのですが、2月末をもって本当の意味で卒業しました。

1年半コースに申し込んだのですが、受講感想、ブログ、管理人様のご厚意などで延長してもらい、合計で約2年2か月居座り続けました。

管理人様、受講生仲間のみなさま、卒業生の方、アドバイスをくれた方、本当にありがとうございました。

ひさびさのトライアル

今日久しぶりのトライアル課題(特許分野/英日/化学)を提出しました。

昨年末に書類落ちしたトライアルを除外すると、けっこうひさびさになってしまい反省しています。トライアルの間が空くと、なんだか心理的ハードルが上がってしまう気がするので、もう少し定期的に受けるようにします…。

今回のトライアルはバリバリの化学案件でした。

今までに勉強してきた分野であり、仕事でも取り扱ってきた分野。

「合格したい」という気持ちよりも、「合格しなかったら、今まで自分は何を勉強してきたんだ?!」という気持ちが大きいです。もちろん合格したい気持ちも強いんですが。

さて、結果やいかに…。

新型コロナの影響

新型コロナウイルスの影響が仕事にも出ています。

1つ目の影響は、クライアントが発注のペースダウンを通知してきたこと。

まぁこのクライアントは中国に本社があって、しかも観光分野なので仕方がないといえば、仕方ないんですが。

もう1つの影響は、全国幼稚園・小中学校・高校の一斉休

休業になったお子さま&お母さま(お父さまも)お疲れ様です。

我が家は娘が保育園なので、まだ通うことが可能なのですが…

状況が悪化して保育園も休業の対象になったり、通っている保育園で感染者が発生した場合は、保育園閉鎖は免れません。すでに保育園から登園自粛の通知も来ていて、昨日の登園者数は通常の半分ほどでした。

3月中はすでに数件のジョブ依頼(納期長め)を頂いていますが、万一のことを考えて受注を控えています。

今はこの時間を利用して、ジョブを前倒しで終わらせリスクを軽減する&トライアルを受けようと思っています。

しかしこの状況、逆に言えば、ジョブを受注したい翻訳者で独身の方や、お子さんのいない方にとってはチャンスかもしれないですね。

誰かのピンチは誰かのチャンス…。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク